皆様に愛されるバス会社を目指して

 昭和50年7月の創業以来、平成・令和と無事故・無違反で運行を継続できたのも、ひとえに皆々様のご指導・ご鞭撻のおかげと感謝申し上げます。

 昭和の時代は交通戦争と呼ばれた事故多発時代に安全第一を目指して規制が強化され、平成の時代は市場原理を優先させた規制緩和により安全意識の低下が招いた重大事故が多発しました。
 新しい令和の時代は化石燃料から電力エネルギーへの転換と、先進安全装置の進化やAI機能搭載車両の市場投入や運行が期待されています。
 どのような時代がきても事業の根幹は「人財」であるという信念に揺るぎはありません。
 これからも二種免許の取得補助・運行管理者資格取得のバックアップや新人バスガイドの採用と教育など人財・育成に積極的な投資を行うと同時に定期的な新型車両の導入も継続し全社員で安全そして快適な旅のサポートをお約束します。

 「愛と正義と友情」のもとに出会いを大切にし、皆様に愛されるバス会社を目指し仙南交通は今日も走り続けます。

                                                                              代表取締役社長  木村 豊彦
  

くつろぎの空間

会話しながらみんなで楽しく。後部座席を回転させれば、そこはちょっとしたBarスペースに早変わり、移動時間も有効に、さらに楽しいひとときにするためのサロンブースです。(大型・中型のみ)

旅行業務

お客様なの安心・安全ををサポートしながら、快適なバスの旅をご提供します。バス旅行で豊富な経験を持つ弊社スタッフに是非、旅のプランをお任せ下さい。

貸切バス事業者安全性評価認定事業者

貸切バス事業者安全性評価認定事業者とは日本バス協会が認定する制度で、安全性や安全の確保に向けた会社としての取組みを評価認定するものです。認定を受けた事業者の貸切バス車両には「SAFETY BUS」のシンボルマークが付いています。